京都市・山科・東野駅の眼科 まさみ眼科クリニック

  • 京都市・山科・東野駅 まさみ眼科クリニックホーム
  • クリニック紹介
  • 診療内容
  • 緑内障診療
  • 障がい児・障がい者 眼科診療
緑内障診療

緑内障とは?

緑内障は、眼圧の上昇などにより眼の奥の神経(視神経)が障害される病気です。その結果、視野(見える範囲)が狭くなったり視力が落ちたりします。

しかしそのような自覚症状がでるのはかなり進行してからで、多くの場合非常にゆっくりと視野が欠けるので自覚症状がありません。

視神経は回復が難しい神経ですので、早期発見・早期治療が大切です。日本人の40歳以上の20人に1人は緑内障の方がおられると言われており、定期的な眼科受診をおすすめします。

眼圧とは?

目の中では、 血液のような働きがある 房水(ぼうすい)という透明な液体が循環し、眼の中の圧力(眼圧)を調節しています。緑内障になる原因の1つとして、この房水の排出に異常が生じ、眼圧が高まり、視神経をいためていることが挙げられます。

房水の流れ :房水は毛様体で作られ、瞳孔に入り、虹彩の前面をとおり線維柱帯から目の外に出ていきます。

治療について

緑内障の治療の目的は、「これ以上視野を失わないように、また進行を遅くするように管理すること」です。

a) 点眼治療:現時点で最も確実な治療方法は、眼圧を下げることだと分かっており、まず点眼液で眼圧を下げます。点眼がうまく行なえない方には、点眼方法を指導します。

b) レーザー治療:多種類の点眼が規則正しくできない方、点眼に対しアレルギーを持つ方には、レーザーで線維柱帯を刺激し、房水の流れをよくする治療を行います。

c) 手術治療:薬物療法やレーザー療法で効果が得られない場合、手術がおこなわれます。線維柱帯を切開して房水の流れをよくする方法や、房水を結膜下および上脈絡膜腔などに流す方法の2種類を行っております。また、緑内障のある人は白内障も発症しているケースが少なくないので、同時に白内障手術を行うこともあります。

まさみ眼科クリニック 診療カレンダー

ページトップ