京都市・山科・東野駅の眼科 まさみ眼科クリニック

  • 京都市・山科・東野駅 まさみ眼科クリニックホーム
  • クリニック紹介
  • 診療内容
  • 緑内障診療
  • 障がい児・障がい者 眼科診療
クリニック紹介

ごあいさつ

緑内障は視野や視力が低下していく進行性の病気ですが、病期によりその治療方針は様々で、各患者様に最適な細やかな治療を行っております。具体的には、1) 点眼が必要な方には点眼方法をチェック、2) 眼圧の変化を表にした「緑内障手帳」を利用し患者様ご自身の治療効果を把握していただく、3) 点眼のみでは十分な治療ができない場合はレーザー治療や緑内障手術 を行います。長くお付き合いされる病気に対し、安心して通院いただけけることを心がけています。

また当院では、子供の検査にも力を入れています。顎台に顎をのせて行う通常の屈折検査機械以外に、手持ちタイプの機械を用い小さなお子さんに対しても遠視や乱視で弱視の可能性がないか検査します。障害を持ち、他の眼科で検査ができないといわれた方に対しても、できる限りの検査をさせていただきます。乳幼児期 (0~6歳) は視る機能の発達に大切な時期です。正常な発達がなされているか、一度しっかりと検査を受けられることをお勧めします。

近隣の総合病院にも勤務しており、白内障・緑内障などで手術加療が必要な場合、またその他のご病気に対しても詳細な検査が必要な場合は、最新の機械・設備を備えた病院にて検査・治療を進めていきます。総合病院の診療を身近に受けられるクリニックとして、ご利用いただければ幸いです。

院長略歴

朴 真紗美(ぱく まさみ) 出身地:京都
医学博士、日本眼科専門医、韓国医師免許取得

平成4年
滋賀医科大学卒業
神戸中央市民病院
平成8年
滋賀医科大学大学院 博士課程入学
平成12年
イタリアローマ大学留学
千照会 千原眼科医院
平成18年
韓国 延世大学臨床医学研究センター
康生会 武田病院
洛和会 音羽病院
平成26年
まさみ眼科クリニック 開設
音羽病院 非常勤
重身障がい児施設 びわこ学園 非常勤(平成14年~)

業績(主な論文)

<英文>

  1. Kondo T, Nakatsu A, Park M. A method of image analysis for primary angle closure glaucoma. Ophthalmologica 209:113-116, 1995
  2. Park M, Unigame K, Kiryu J, Kondo T. Management of a patient with pseudophakic malignant glaucoma; role of ultrasound biomicroscopy. Br J ophthalmol 80:676-677, 1996
  3. Kurimoto Y, Park M, Sakaue H, Kondo T. Changes in the anterior chamber configuration after small-incision cataract surgery with posterior chamber intraocular lens implantaion. Am J Ophthalmol 1997;124:775-780, 1997
  4. Kiryu J, Park M, Kobayashi H, Kondo T. Ultraound biomicroscopy of the anterior segment of the eyes of infant. J Pediatr ophthalmol strabismus 35:320-322, 1998
  5. Park M, Kondo T. Ultrasound biomicroscopic findings in a case of cyclodialysis Ophthalmologica 212:194-197, 1992
  6. Park M, Kitahama K, Geffard M, Maeda T. Postnatal development of the dopaminergic neurons in the rat mecencephalon Brain & development 22:S38-44, 2000
  7. Park M, Tokunaga Y, Kimura H, Tooyama I, Maeda T. Ontogeny of (D-Ala2) deltorphin I-like immunoreactive neurons in foetal rat brain J Chem. Neuroanat. 18:11-22, 2000
  8. Tooyama I, Bellier JP, Park M, Kimura H et al. Morphological study of neuronal death, glial activation, and progenitor cell division in the hippocampus of rat models of epilepsy. Epilepsia 9:S39-43, 2002
  9. Yasuhara O, Tooyama I, Park M, Kimura H, et al..Demonstration of cholinergic ganglion cells in rat retina: Expression of an alternative splice variant of choline acetyltransferase. J Nerosci. 23:2872-2881, 2003
  10. Tanito M, Park M, Chihara E, et al. Comparison of surgical outcomes of combined viscocanalostomy and cataract surgery with combined trabeculotomy and cataract surgery. Am J Ophthalmol. 28:1703-6, 2002
  11. Yasuhara O, Aimi Y, Park M, Kimura H, et al..Innervation of rat iris by trigeminal and cilirary neurons expressing pChAT, a novel splice varient of choline aceyltransferase. Journal of Comparative Neurology 472:232-245, 2004
  12. Park M, Tanito M, Nishikawa M, Hayashi K, Chihara E. Combined viscocanalostomy and cataract surgery compared with cataract surgery in Japanese patients with glaucoma. J Glaucoma 13:55-61, 2004
  13. Takahashi H, Tanito M, Yokoyama M, Park M, Chihara E. Two cases of intraoperative anterior chamber angle observation using ophthalmic endoscope in viscocanalostomy. Am J Ophthalmol. 138:1060-106, 2004.
  14. Park M, Tanito M, Nishikawa M, Chihara. Ultrasound biomicroscopy of intrascleral lake after viscocanalostomy and cataract surgery. J Glaucoma 13:472-478, 2004
  15. Chihara E, Takahashi H, Okazaki K, Park M, Tanito M. The preoperative IOP level predicts the amount of under-estimated IOP after LASIK for myopia. Br J Ophthalmol 89:160-164, 2005
  16. Park M, Tanito M, Takahashi H, Chihara E. Does the adjunctive peeling of the juctacanalicular tissues effect the outcome of two-site of phaco-viscocanalostomy? J Glaucoma 14:224-229, 2005
  17. Takahashi H, Goto T, Shoji T, Tanito M, Park M, Chihara E. Diabetes-associated retinal nerve fiber damage evaluated with scanning laser polrimetry. Am J Ophthalmol 142:88-94, 2006
  18. Park M, Hayashi K, Takahashi H, Tanito M. Chihara E. Phaco-viscocanalostomy versus phaco-trabeculotomy; a middle-term study. J Glaucoma 15;456-461,2006
  19. Shoji T, Takahashi H, Park M, Okazaki T, Tanito M, Chihara E. Prospective evaluation of factors associated with post-Lasik corneal birefringence with scanning laser polarimetry. J Glaucoma 15:456-461, 2007
  20. Shoji T, Tanito M, Park M, Chihara E, et al. Phacoviscocanalostomy versus cataract surgery only in patients with coexisting normal-tension glaucoma: midterm outcomes. J Cataract Refract Surg 33(7):1209-16, 2007
  21. Park M, Chihara E. Phacoviscocanalostomy. Techniques in Ophthalmology Jan:11-14, 2008
  22. Park M, Hayashi K., Takahashi H., Shoji T., Chihara E. Risk factors for uncontrolled intraocular pressure after phacoviscocanalostomy. J Glaucoma 17:431-435, 2008

<和文>

  1. 朴真紗美、小紫雄介、近藤武久. Albinismにみられた白内障に対し眼内レンズ移植術を施行した症例 IOL 7;95-98, 1993
  2. 和田優子 朴真紗美 近藤武久. トラベクロトミーの長期成績 眼科手術 7:313-315, 1994
  3. 朴真紗美、坂上欧、近藤武久 他. アトピー性白内障とIOL挿入術 眼科手術 8:97-100, 1995
  4. 朴真紗美 栗本康夫 岡野真理 近藤武久角膜内皮細胞計測システム(TOPCON社製SP-1000とIMAGEnet)の再現性 あたらしい眼科 12;287-289, 1995
  5. 朴真紗美 阪神大震災 日本の眼科 66:153-154,1995
  6. 坂上欧、朴真紗美、近藤武久. 超音波バイオマイクロスコープ(UBM)を用いたアトピー性網膜剥離眼の毛様体の観察 眼科臨床医報 90;932-934 1996
  7. 栗本康夫、朴真紗美、竹内篤、近藤武久. 緑内障患者における小切開白内障手術後24時間の眼圧経過 あたらしい眼科13 1915-19:1996
  8. 朴真紗美 雲丹亀邦子 近藤武久. YAGレーザー前部硝子体切開術、濾過手術、硝子体手術が有効であった悪性緑内障の1例 眼科手術 10:133-136 1997
  9. 朴真紗美、桐生純一、栗本康夫、小林博、近藤武久. 超音波バイオマイクロスコープによる強角膜と小角膜の前眼部の観察 日本眼科学会雑誌 101:69-73, 1997
  10. 栗本康夫、朴真紗美、竹内篤、近藤武久. 緑内障患者における小切開白内障手術後24時間の眼圧経過 あたらしい眼科13 1915-19:1996
  11. 山本理恵、朴真紗美、前田敏博. スナネズミの一過性前能虚血における海馬グリアの変化 発達段階を中心として 滋賀医大雑誌 14;9-17 1999
  12. 朴真紗美、谷戸正樹、千原悦夫. Viscocanaostomy・白内障同時手術の術後成績 日本眼科学会雑誌 106:173-177、2002
  13. 林妍 朴真紗美 千原悦 他. 光線力学両方によって対症的な視力経過をとったポリープ状脈絡膜血管症の2例 臨床眼科 60:1513-1519 2006
  14. 黒川歳男 朴真紗美 上田直子. 同名半盲発症後4年間における網膜神経節細胞複合体(GCC)厚さの変化について 日本眼科学会雑誌 117:918-924 2013

まさみ眼科クリニック 診療カレンダー

ページトップ