京都市・山科・東野駅の眼科 まさみ眼科クリニック

  • 院長紹介
  • 診療内容
  • 緑内障診療
  • 近視進行抑制薬
  • 障がい児・障がい者 眼科診療
近視進行抑制薬

マイオピン(低濃度アトロピン)

当院では、0.01%アトロピン(マイオピン)という薬を1日1回点眼することによって近視の進行を抑制する治療を行っております。

この点眼薬は、Singapore National Eye Center(シンガポール国立眼科センター)の研究に基づいて開発されたもので、近視の進行を平均60%遅くすると言われています。

このようなお子様におすすめします。

  • 軽度または中等度(−6D以下)の近視の方
  • 6~12歳の学童の方
  • 1~3か月毎の定期通院が可能な方

近視の進行を抑制することが大切な理由

子どもの近視は、主に眼球が楕円形にのびてしまう(眼軸長が伸びる)ことで、ピント位置がずれることにより生じるケースが多くあります。近くで見ることが習慣化してしまうと近視になりやすく、一度眼軸長が伸びてしまうと戻ることはありません。そのために眼軸長の伸びを抑えることが、近視の進行を抑制するためには重要となります。低濃度アトロピンには眼軸長を進展させる働きに関連するムスカリン受容体をブロックする効率があるといわれています。

診察をご希望の方へ

治療をご希望の方は、受診の際にスタッフへお伝えください。初回の検査・診察・説明を行います。治療開始後、1~3か月に1回来院いただき、検査・診察をお受け下さい。

この治療は保険適応外です。

ページトップ